エコカラットの選び方

部屋の大きさに合わせた推奨面積があるのを知ってますか?

エコカラットの「調湿性」を効果的に発揮するには、推奨施工面積を考慮する必要があります。

どれくらいエコカラットを貼ればいいの?

床面積の半分以上が施工の目安。

およそ部屋の壁、1面程度の面積です。

*ただし、気象条件や住まい方によって違ってきます。冬の夜、暖房した暖かい部屋が翌日の朝方に温度低下し、結露が発生したことを想定し計算したものです。

下記の面積以上にエコカラットを貼ると、効果が期待できます。

より多くの面積を貼れば、効果もより大きくなります。

   

推奨施工面積はあくまでも目安で、効果を保証するものではありません。

エコカラットを貼れない場所、注意点を知ってますか?

施行部位について

エコカラットの機能を十分に発揮させるために、部位によっては、エコカラットの機能が十分に発揮できなかったり、注意を要する場合があります。

施行できる部位

エコカラットは、居室・寝室・玄関・和室・廊下・洗面所※・トイレ※ に施工できます。(※注意が必要な部位あり)

注意が必要な施工部位

施工してはいけない部位

部屋に合わせたデザインを選ぶべし!

エコカラット業者を1社で決めるのは危険です。

エコカラットの工事会社を探す