エコカラットで後悔しないためには失敗談から学べ!

エコカラットで後悔しないためには失敗談から学べ!

エコカラット失敗

エコカラット施工する前に、失敗例も参考に見たいですよね?
誰でも簡単に出来そうなエコカラットですが、実は多くの方が失敗し後悔されていることをご存じですか?

そうならないためにも、エコカラットを貼った皆さまから、失敗事例をピックアップし、失敗例を学び、またエコカラットを成功させる簡単な方法についてお伝えします!

もちろん、個人的主観も入っておりますので、全てが施工不良という訳ではありませんので、ご了承下さい。

やはりエコカラットの失敗例で多い内容が・・・

  • エコカラットの隙間が目立つ系
  • エコカラットの貼った範囲で失敗系

エコカラット隙間関連の失敗事例

大きな不具合ではないけど、1回でも気になってしまうと、ずっと気になってしまうんですよね!?

02

03

04

05

0908213

初めてのエコカラットだと、どうしてもこういうミスが出てしまうんです!
だから、プロの施工業者さんがいるんです!

でも隙間はゼロにはなりません!

エコカラット隙間

実はマニュアルにも記載しておりますが、エコカラットプラス自体の寸法誤差や、下地の状態(建物の壁の凹凸)によって、数mm程度の隙間は空きますという内容が記載しております!

でも、その隙間も考慮して、違和感なく配置するのがプロなんです!

こういうのって完成して、実際に見ないと分からないんですよね?!

エコカラットのよくある失敗事例

次によくあるエコカラットの失敗パターンを具体的に紹介します。
難しく感じたら、エコカラットが得意な業者さんに依頼することも検討してみましょう!

エコカラット失敗例①

キッチンのニオイが気になっているので、台所にエコカラットを貼ったら、油汚れが取れなく、汚いキッチンになってしまった・・・。

キッチンのコンロ近くなどの壁には、エコカラットは不向きです。説明書に表記されております!

おそらく、悪いのは本人ではなく、プロとしてのアドバイスをしなかった業者さんにもあるのではないでしょうか?
カタログの「エコカラットプラスの施工が不可能な部位」という欄に、「キッチンバック」には施工できません。と表記されております。(下図参照)
「エコカラットプラスなら大丈夫ですよ!」という業者さんもいるようですが、コンロ付近などの油汚れが飛びそうな箇所は、絶対NGです!
本来なら、エコカラット初心者には、「油汚れが付きそうな場所には、貼らないほうがいいですね!」ってアドバイスが欲しいですよね!?
そんな素人業者さんを避けるためには、業者選定の段階で、「その会社のエコカラット施工事例」を見せてもらうのがベストです!
「実績ありますか?」と聞けば、「ありますよ!」と答えるのが当たり前です。ちゃんと実績を目でみるのが大事ですね!

キッチンバックはエコカラット施工NG

エコカラット失敗例②

白のエコカラットを選んだのですが、工事が終わったら、職人さんの手の跡が残っていて、拭いても落ちなくてショックだった・・・。

汚れた手

白のエコカラットは注意が必要です。(本来なら職人さんも気を付けるのが当たり前ですが・・・)
施工後でも、子どもが触りやすい場所などに白のエコカラットだと、汚れが目立って失敗したって声も良く聞きます!
白のエコカラットは、設置場所にも配慮が必要です!(でも白は陰影がはっきり出やすく、エコカラットの立体感が出て、個人的には好きですね!)
ただ、問題の仕事が雑な職人さんかどうかを見極める手段として、「養生はどのようにされますか?」という質問は効果的です!
養生というのは、工事中に、床に傷や汚れが付かないようにシートを貼ったりする作業です。
そのような配慮をされている業者さんなら、汚い手あかが付いたエコカラットを施工するはずはないのですが、養生の説明が不十分な業者さんには注意が必要です。例えば「養生はきちんとやりますよ」というアバウトな返答だったら、ちょっと危険かも!?具体性が言えた業者さんならGOOD!

エコカラット失敗例③

エコカラットを貼ったのに、調湿効果が感じられない・・・原因は何?!

調湿効果のある点が気に入って、施工会社さんに頼んで完成したのですが、全く調湿効果を感じることが出来ませんでした!

施工会社さんに相談したところ、もっと沢山エコカラットを貼らないと効果がないと、後で言われました・・・。

エコカラット失敗例④

エコカラットに傷がついていた・・・!!

工事完了後には気づいていなかったのですが、後でエコカラットに傷がついていました。

工事してもらった日から数カ月過ぎてしまったので、業者さんには言いづらいので、自分で直す方法はありますか?

エコカラット失敗例⑤

子ども部屋にエコカラットを壁一面に貼ったのですが、カーテンがエコカラットにこすれて、破けてしまった・・・。

子供部屋の空気を綺麗にしてあげようと、エコカラットを壁一面に貼りました。

しばらくは、問題なく過ごしていたのですが、1年ぐらいたってから、カーテンが破けているのに気づきました!

当初は、子どもがいたずらで破いたのだと思い・・・

エコカラット失敗例⑥

エコカラットを貼った壁に絵を飾るために『フック』を付けようとしたら、割れてしまった・・・。

直接打ち込むと、割れなどの破損の原因になります!

でも取り付けたい場合は?

フックやビスの取付けには、「電動ドライバー」がお勧め!

逆に失敗しない人たちの共通点とは?

答え 多少お金を払っても、エコカラットのプロにお願いする!
エコカラット修理

当たり前の答えですが、ずはりプロにお願いすることです!

エコカラットの失敗で一番辛いのは、剥がすことが大変で、復旧費用が、エコカラットの工事をお願いする金額とほとんど変わらないという現実です・・・。

エコカラットを貼って満足している方々は、初めからプロにお願いして、失敗リスクを回避した選択者です。

自分でDIYして、安く済ませたいという考えは十分注意が必要です!

まずは、プロにお願いした際に、どれくらい費用が価格かかるのか?概算見積もりをしてもらいましょう!

最近では、オンライン上で見積もり依頼できる、エコカラットの一括見積サービスが人気です。

本来はリフォームで使われているサービスですが、エコカラットもリフォームの一部になります。

無料で使えるサービスなので、自力DIY VS プロの施工 で検討し、価格差でどちらを選ぶか検討することも良いのではないでしょうか?

エコカラット業者を1社で決めるのは危険です。

エコカラットの工事会社を探す