『スプライン』エコカラットプラス

家事室にもエコカラット

写真:LIXIL ecocarat

スプラインっていくらぐらいするの?

スプラインのエコカラットを上の施工事例と同じぐらい貼った場合、工事費含めた相場価格がいくらになるか調べてみました。

あくまで目安として、参考程度として下さい。(工事費込・税込)前後

0
『スプライン』エコカラットプラスのデータ
施工面積 約4.4㎡ *写真からの想定施工面積です。
仕様 エコカラット〈スプライン〉ECP-303/SPN1N
場所 洗面・トイレ

スプラインの評判は?

エコカラットプラスのスプラインは、穏やかな曲線ときらめく表情が特徴で、空間を上品に演出するエコカラットです。

スプラインは、天井にも貼れる万能エコカラットですが、タイル間の隙間がちょっと目立つ感があります。

目地幅は0.5mm~1mm程度、わざと隙間をあけるように言われているので、接近性には弱いかも。

また柄に方向性があるので、注意が必要!適当に貼っていくと、後で失敗するのでご注意を。

横に貼るか、縦に貼るかで見た目が大きく変わるので、貼る前に並べてみることをお勧めします。
個人的にはスプラインは横張りがお勧め!

特に貼る面に入隅、出隅のように角があるような場合は、コーナー部材が横張り用しかないので、ご注意くださいご注意ください!

スプラインは4色展開されています。

スプラインの色バリエーション

拡大写真で見ると分かりやすいですが、波ののようにカーブを描く曲線があるエコカラットは、スプラインだけで、上品さが人気のタイプです。

スプライン拡大

その他のリビングに合うエコカラット事例

エコカラット業者を1社で決めるのは危険です。

エコカラットの工事会社を探す