エコカラットの『ストーングレース』人気色は?ブログの評判が・・・

ストーングレース

写真: LIXIL エコカラット ストーングレース施工例

エコカラットの『ストーングレース』にしようか悩んでいませんか?
ストーングレースの人気色は?価格は?評判は?施工例を見たい!サンプルがほしい!・・・という方向けに、エコカラット歴7年の建築マニアが分かりやすく解説!
エコカラットのストーングレースを選ぶ前に必見です!

ストーングレースの人気色は?

ストーングレースは、グレー、ベージュ、ダークグレー、チャコールの4色展開

ストーングレースは、グレー、ベージュ、ダークグレー、チャコールの4色展開になります。

ストーングレースストーングレースの全4色の中で、一番人気があるのが、ダークグレーです。
上の写真がダークグレーの施工事例です。
ダークグレーは暗いですね・・・」と実際施工したお客様に言われたこともありましたが、照明をプラスアルファすれば明暗があって素敵です!

ストーングレースベージュ

人気色はダークグレーですが、上写真のベージュは、主張過ぎず、飽きがこない色だと思います!
ストーングレースのベージュの施工例がこちら↓

ストーングレースのベージュ色施工例

ダークグレーよりも明るいので、玄関のエコカラットにおすすめです!
玄関でベージュ色を採用された施工例がこちら↓

ストーングレースを玄関に張った施工例

玄関だから、明るく出迎えくれる感じがあっていいですよね。ベージュは、上品さもありますね。

チャコールのストーングレース

上にあるストーングレースのチャコールは、上級者向けですね。ただ貼ると圧迫感が出てしまうので、インテリアコーディネーターさんに相談して、貼る場所、面積、照明などトータルでプランニングしてもらうことをおすすめします。
ちなみにチャコールの施工事例がこちら↓

チャコールの施工事例

ストーングレースの工事価格は?

ストーングレース

ストーングレースのエコカラットを上の施工事例と同じぐらい貼った場合、工事費含めた相場価格がいくらになるか調べてみました。

0

あくまで目安の価格の参考程度として下さい。(工事費込・税込)前後

『ストーングレース』エコカラットプラスのデータ
施工面積 約7.2㎡ *写真からの想定施工面積です。
仕様 エコカラット〈ストーングレース〉ECO‐630/STG3
場所 リビング

ストーングレースは最安値のところで選んではダメ!

なるべく安く済ませたいって方が多いと思うのですが、「最安値で販売しているところを探す!」という探し方は絶対にNGです!(材料だけの購入なら大丈夫です)
エコカラットの施工は、「安かろう悪かろう」の世界なので、相場価格をベースにあまりにも安いところは注意してください!

ストーングレースのブログでの評判は?

エコカラットのストーングレースは、大きな砂岩の流れ模様が特徴で、多くのブログでもベスト3には入る人気デザインです!
上品で高級感のある空間を演出してくれるのが人気の理由です。

ストーングレース施工事例

写真: LIXIL エコカラット ストーングレース施工例

タイル1枚のサイズが606mm×303mmと大判なので、広い場所、広い面積を貼る場所に適しています。
トイレなどの狭い場所は避けた方がいいですね。(上の施工事例のように広いトイレならOKですが・・・)
ストーングレースは大判サイズなので、タイル1枚1枚の貼る組み合わせが、とてもセンスが問われるエコカラットです。

いかにストーングレースの柄のランダム感を出せるかがポイント!
つまり職人の技術だけでなく、センスを問われるエコカラットです。
ストーングレースを選んだ方のブログを拝見すると、プロにお任せしたほうが無難という意見が多いですね!
サイズが大きいので、水平垂直が出しにくいからだと思います!

ストーングレースの注意点とは?

ストーングレース

ストーングレースは、素材のリアルさを追及している点、柄模様や色に差があります。

エコカラットを貼る際に、差がある同士を隣り合わせになると、若干気になる可能性があります。

また、天然石を忠実に再現しているので、ヒビ割れに見える点もあります。

ストーングレースおしゃれ

写真: LIXIL エコカラット ストーングレース施工事例

エコカラットのストーングレースは、大きな砂岩の流れ模様が特徴ですが、砂岩とは、主に砂が続成作用により固結してできた岩石で、流れ模様が人気のエコカラットです。

ストーングレースの重さは?!

重いエコカラット

重さは、標準サイズ(606×303mm)の場合、1ケース(7枚入り)が、16.5kgとかなり思いです。

また、ストーングレースは、サイズが大きいので、1枚当たりも2kg以上とかなり重量があります。

リビングのエコカラットとしては、重労働になるので、要注意!

天井近くの高い箇所に貼る場合は、重いタイルを持ちながら、脚立に載って作業するので、作業場を整えることも大事ですね!

ストーングレースの貼り方注意点!

ストーングレースの注意点

基本は施工事例のように横張りの貼り方が推奨されております。
縦張りはオススメしません!

理由は、ストーングレースには、2つのサイズのタイルが用意されているのですが、2つのサイズ違いのタイルには、片面の端部に着色(小端仕上げ、小口仕上げ)しております。

エコカラットを横から見られたときでも、綺麗に見えるように設計されています。
縦張りの場合は、その仕上げがされていない面が見えてしまうので、見栄えが悪くなる場合があります。

どのような配置で貼るとキレイかは、職人さんの経験がものを言うと思います。

安い早い業者さんよりも、丁寧で、こだわりを持っている業者さんに任せる方がお勧めです!

ストーングレースのサンプルを確認する方法

エコカラットのストーングレースにしたいけど、施工する前にサンプルで色を確認したいけど、どうすればよいか悩んでいますか?
エコカラットのサンプルを確認する方法は2つあります。

①ショールームで実物を確認する

リクシルショールーム
エコカラットを販売しているリクシルには、全国にショールームがありエコカラットが展示されております。
そこに実物のエコカラットのサンプルが置いてあり、手に取って確認することができます。
ただそのサンプルを持ち帰ることはできないので、自宅でサンプルを確かめたい方には次がおすすめです。

②実物のエコカラットサンプルを入手する

ディニタのサンプルをゲットする方法とは?
実物のエコカラットサンプルを入手するには、エコカラットの施工業者さん経由でお願いするしかないです。
エコカラットの施工業者に見積依頼すると、サンプルを持ってきてくれます。(無料で貸し出ししてくれるところが多いです!)
自宅でサンプルをじっくり確かめたい方、どちらの色がいいか悩んでいる方にはおすすめな方法です。

ストーングレースを貼ってもらう、業者選びのポイントとは?

エコカラット施工業者の評価

エコカラットのストーングレースは、高級感があり、また貼る柄合わせのセンスが求められるエコカラットです。ですので、安さ重視ではなく品質重視で業者さんを選ぶ必要があります!

その場合は、インターネットで近くのエコカラット業者さんを選ぶのには、リスクがあります。

品質の評判が高く、品質を担保してくれる業者さんが登録されているサイトから選ぶことをお勧めします。

エコカラットはリフォームの分野になるのをご存知でしょうか?

エコカラットの工事は、リフォームの「内装工事」になります。

ですので、品質重視のリフォーム業者さんから選ぶことが、エコカラット、特に品質を求められる【ストーングレース】には適しています!

エコカラット見積依頼

そんな良質なリフォーム会社さんのみが登録できるサイトが、いくつがあります!

エコカラットを施工するリフォーム業者さんに一括見積できるサイト 例:リショップナビ

そのサイトに登録すると、自宅エリアが対象になる業者さんから、会わずにメールでやり取りするこが可能です。

もちろん無料で、見積ももらえるので、まだ使っていない方はぜひご利用ください!

そんな一括見積サービスのサイトをまとめたので、参考にどーぞ。

\ 無料でエコカラットの工事金額を知る方法! /
エコカラット一括見積のお勧めサイト【ベスト3】
数社からエコカラットの見積が入手できるので人気です!