エコカラット『ラフクォーツ』で人気の色を施工例で紹介!

ラフクォーツ

写真:LIXIL ecocarat ラフクォーツ施工例

エコカラットプラスの『ラフクォーツ』にしようか悩んでいませんか?
こちらでは、グラデーションで人気高いラフクォーツを壁に貼る際の注意点と、プロユーザーの評価についてまとめております!
ラフクォーツの相場価格や、割り付けルールなどの施工のポイントを解説!エコカラットのラフクォーツを選ぶ前に必見です!

エコカラットでラフクォーツにしようか決めたい方はぜひご覧ください!

ラフクォーツっていくらぐらいするの?

ラフクォーツ

ラフクォーツのエコカラットを上の施工事例と同じぐらい貼った場合、工事費含めた相場価格がいくらになるか調べてみました。

あくまで目安として、参考程度として下さい。(工事費込・税込)前後

0
『ラフクォーツ』エコカラットプラスのデータ
施工面積 約7.2㎡ *写真からの想定施工面積です。
仕様 エコカラット〈ラフクォーツ〉ECO‐375/RTZ3,ECO3751/RTZ3
場所 リビング

ラフクォーツの評判は?

ラフクォーツの実物

写真:LIXIL ecocaratより ラフ クォーツの実物

『ラフクォーツ』エコカラットは、定番デザインで、人気の高いタイルです。

理由は、グラデーションのある色。
隣り合うタイルが陰影によって色が異なり、それがリアリティのあるタイル感を演出し、オシャレ感が高いからです。

自然な素材感がスゴイので、口コミ評判高い!

ラフクォーツは、クォーツサイトをモチーフとしたデザインで、自然な素材感が特徴です。
クォーツサイト

写真:クォーツサイト

クォーツサイトとは、砂岩が地殻変動によって圧縮されて固まった天然石とのこと。
石英岩とも呼ばれるようで、含まれる酸化鉄やミネラルなどの量によって、ベージュやオレンジなどの黄色系、オリーブなど グリーンや青、紫やピンクまで、様々な色の石があります。
よく、洋風のお庭やテラスの床、玄関アプローチに使われているタイルですね。

どこか懐かしいような感じがするって思ってたけど、あのよく見るタイルをモチーフにしていたんですね!

ラフクォーツで人気の色は?

ラフクォーツの色展開
ラフ クォーツは、ライトグレー、ベージュ、ダークグレーの3色展開です。
人気のカラーは、やはりダークグレーです。

ラフクォーツをリビングのアクセント壁として貼っている方が多いですね。

実際に施工したダークグレーのラフクォーツがこちらです。

ラフクォーツ

ダークグレーもいいですが、個人的にはライトグレーの明るいエコカラットも飽きない色柄なので、おすすめです!

ライトグレーのラフクォーツ

ラフクォーツは凹凸部がはっきりしているので、貼り分けセンスが問われる、難易度の高いエコカラットプラスであることも事実です。

ランダム感が出るように配置しつつ、隙間を均一にしないと出来栄えがカッコ悪い感じになっちゃうんですよ!

以上のようにラフクォーツを壁一面、しかも隙間なくエコカラットを貼るには、技量が問われます。

予算があれば、ぜひ工事業者さんにお願いして工事してもらうことです!

水平、垂直、壁との隙間など、タイルの微調整カットするには、専用工具が必要なので、工具を購入したり、それに費やす時間を考えれば、業者にお願いした方がコスパがいいと思います。

まずは、エコカラットの一括見積サイトなどを利用して、どれくらい費用がかかるのか調べてもらうところからスタートしましょう!

その他のリビングに合うエコカラット事例

リビングにエコカラットを貼りたい方は、皆どんな施工事例写真に注目しているのか?閲覧数の順にランキング形式でまとめております。

\ 無料でエコカラットの工事金額を知る方法! /
エコカラット一括見積のお勧めサイト【ベスト3】
数社からエコカラットの見積が入手できるので人気です!