『ラフクォーツ』エコカラット

ラフクォーツ

写真:LIXIL ecocarat

ラフクォーツっていくらぐらいするの?

ラフクォーツのエコカラットを上の施工事例と同じぐらい貼った場合、工事費含めた相場価格がいくらになるか調べてみました。

あくまで目安として、参考程度として下さい。(工事費込・税込)前後

0
『ラフクォーツ』エコカラットプラスのデータ
施工面積 約7.2㎡ *写真からの想定施工面積です。
仕様 エコカラット〈ラフクォーツ〉ECO‐375/RTZ3,ECO3751/RTZ3
場所 リビング

ラフクォーツの評判は?

『ラフクォーツ』エコカラットは、定番デザインで、人気の高いタイルです。

理由は、グラデーションのある色。隣り合うタイルが陰影によって色がことなるように見え、それが全体的にタイル感があり、オシャレ感が高いです。

エコカラット職人

以上のように壁一面、しかも隙間なくエコカラットを貼るには、技量が問われます。

お勧めは、工事業者さんにお願いして工事してもらうことです!

水平、垂直、壁との隙間など、タイルの微調整カットするには、専用工具が必要なので、工具を購入したり、それに費やす時間を考えれば、業者にお願いした方がコスパがいいと思います。

まずは、エコカラットの一括見積サイトなどを利用して、どれくらい費用がかかるのか調べてもらうところからスタートしましょう!

その他のリビングに合うエコカラット事例

リビングにエコカラットを貼りたい方は、皆どんな施工事例写真に注目しているのか?閲覧数の順にランキング形式でまとめております。

エコカラット業者を1社で決めるのは危険です。

エコカラットの工事会社を探す